石川県能登半島で作られる豆腐麹などの発酵食品は絶品おつまみ!

石川県の能登半島と言えば、輪島の朝市などが有名ですので日本海で捕れた美味しい生鮮魚介類が思いつきますね。

その他、輪島塗などの漆器も有名かと思います。

先日、能登出身の友人からもらったお土産が絶品だったのでご紹介しますね。

能登半島は塩麹、米麹などの発酵食品も有名

友人は能登半島でも珠洲市というところで、輪島とは逆側です。

その友人がお土産にくれたのが、塩麹と米飴でした。

塩麹

米飴

そのお土産をもらった時に、その友人の家で一緒にお酒を飲んだのですが、その時に出してもらったおつまみの中に、この塩麹で作った豆腐を出してもらいました。

その豆腐のうまいこと!

まるで、柔らかいチーズのようでかなり濃厚な味になります。

あまりのうまさに買ってきたおつまみを忘れるほどです。笑

塩麹豆腐の作り方をは簡単!

あまりにも美味しかったので、その友人に作り方を聞きメモしたのでお伝えします。

作り方は超~簡単!

木綿豆腐を1丁用意します。

塩麹豆腐を作るなら、絹ごし豆腐より水分の少ない木綿豆腐の方が適しています。

まずは、塩麹がしっかりとなじむように、木綿豆腐の水切りをします。

水切りはキッチンペーパーなどで豆腐をくるんで、型崩れしないようにします。

くるんだ豆腐に崩れない程度の重しを乗せ、一晩おきます。

時間にしたら8時間ほど?

この水切りのされ方で、塩麹の風味が変わるので、長くしっかりと水切りを行えば、濃厚な風味になります。

水切りされた豆腐に塩麹をまんべんなく塗り、ラップで包みます。

包んだ豆腐を冷蔵保存します。

3、4日ほどたてば出来上がりです。

長く置いておくと本当に濃厚なチーズのような塩麹豆腐が出来上がります。

簡単でしょ?

これで絶品の塩麹豆腐ができちゃうんです。

本当にお酒のおつまみに最高です!

能登の発酵食品麹豆腐まとめ

塩麹って本当に美味しいです!

お土産にもらった塩麹に、スーパーで買った安い鶏もも肉を買ってつけておいたんです。

それを焼いて食べたんですが、これまた絶品!

友人に聞いたんですが、能登地方の人はなんでも麹に漬けちゃうそうです。

その方が日持ちもするし、美味しくなるとのこと。

皆さんも是非試してみては?

塩麹

ちなみにもらった米飴は、はちみつの代わりに使うのも検討しますが、まだ使っていません。笑

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事